坐骨神経痛でお悩みのあなたへ

「足の痺れが酷くて、長時間歩けない」
「立ち仕事が辛い。座り込んでしまう」
「車の運転をした後、しびれて歩けなくなる」
「腰やお尻が痛くて、長時間イスに座れない」
「痛み止めやマッサージを受けても、効果がない」
「お尻から太もも、ふくらはぎ、かかとまで痛みと痺れが出ている」

「坐骨」とは骨盤の一部で、座るとイスに当たるのが感じられる、お尻の奥の方にある骨のことです。
坐骨付近には、背骨(腰椎)から出て伸びている神経が通っています。
その神経が圧迫されて、腰、お尻、足に痺れや痛みが出る症状を、坐骨神経痛と言います。
もしあなたが坐骨神経痛でお悩みなら、日常生活や仕事に支障をきたしたり、旅行や外出を楽しめなくなったりして、とても辛い思いをされているかもしれません。

坐骨神経痛の原因として、一般的に考えられていること

1.椎間板・骨が変形し、神経を圧迫している
背骨は、ブロックのような骨が積み重なってできています。
そのブロックの間にあるクッションが、椎間板です。
椎間板が変形して飛び出すと、神経を圧迫することがあります。(椎間板ヘルニア)
また、腰のあたりの背骨(腰椎)が変形したり(変形性腰椎症)、部分的に折れて、ずれてしまうことで神経を圧迫することがあります。(腰椎分離すべり症)
レントゲン、CTやMRI等の検査で、明確な骨の変形などの所見があれば、病院での処置が必要な場合があります。
ただ、骨や椎間板の変形があっても、手術はせず、鎮痛薬の処方、ブロック注射(脊髄への麻酔注射)、コルセット、体操療法、牽引(背骨を引っ張って伸ばす)などで対処する場合が多いようです。
いずれにしても、病院の指導によって症状が改善されたなら、それは喜ばしいことです。

2.固くなった筋肉が神経を圧迫している
背骨から足にかけて、ケーブル線のように伸びている神経は、様々な筋肉(腸腰筋、梨状筋など)の間を通っています。
その筋肉が固くなると、神経を挟み込み、圧迫してしまいます。
これはレントゲンなどでは確認することができません。

当院の見解

病院の検査では特に異常が見つからなくても、坐骨神経痛の症状で悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
そこで当院では、坐骨神経痛は、骨自体の変形よりも、筋肉が固くなって神経を圧迫している可能性の方が高いのではないかと考えております。
それでは、神経を圧迫するほど筋肉が固くなってしまうのは、なぜでしょうか?
その原因は、下記の3つと考えております。

身体の歪み

身体が歪んでいると、体中の筋肉に負担がかかります。
坐骨神経痛でお悩みの方は、特に腰やお尻のあたりの筋肉に負担がかかっている可能性があります。
歪みによって筋肉に負担がかかり続けると、疲れがたまり、筋肉が固く凝り固まります。
そうすると、固くなった筋肉が神経を挟み込み、圧迫してしまいます。
また、背骨が歪むことで、背骨や椎間板が神経を圧迫してしまう可能性もあります。
また歪んで神経を圧迫している状態だと、神経の通り(神経の伝達)が悪くなります。
そうすると、力が入りにくくなり、立ったり歩いたりの日常の動作だけでも、筋肉に大きな負担がかかってしまいます。
その分疲れがたまって、更に筋肉が固くなってしまう原因となります。

自律神経の乱れ

自律神経は、脳から出て体全体に張り巡らされている神経です。
無意識の間に、体の様々な働きをコントロールしています。
自律神経が乱れると、血液の流れが上手くいかず、血行不良の部分ができてしまいます。
坐骨神経痛でお悩みの方は、特に腰やお尻のあたりの筋肉について、血行不良が起こっている可能性があります。
血行が悪くなると、筋肉に疲れがたまって、固くなってしまう原因となります。

精神的ストレス

精神的ストレスと坐骨神経痛。
一見すると関係がなさそうに思われますよね。
でも実は、関係していることが多々あります。
ストレスや緊張によって、胃やお腹が痛くなったりすることがあります。
これは、精神的ストレスが自律神経の働きを阻害して、胃腸の血行が悪くなり、それが痛みとなって表れている状態です。
つまり、ストレスがあると、血行不良を引き起こし、それが坐骨神経痛の原因となる可能性があるのです。

当院の治療方針

病院の指導や処置、またはマッサージを受けられても、症状が改善しない。
そうすると、「いつまでこの痺れや痛みと付き合わなければならないのか…」と辛い気持ちになられることと思います。
上記の原因を、整体の施術で取り除いていくことで、坐骨神経痛は自然と改善されていきます。
あなた本来の、気兼ねなく立ったり座ったり歩いたり、走ったりできる状態に戻って頂けます。
「いつの間にか、痺れや痛みがなくなっていた」
「友達と旅行にも行けるようになった」
自然とそのようになって頂けるよう、治療いたします。

身体の歪みを治す治療

当院の歪み治療は、熱を測るのに額に手をあてるような、軽く触れる程度の力のみで行います。
患者さまのお体をひねったり、強く押したりすることは一切ございません。
無理に矯正するのではなく、自然とバランスが整うように導くことで、歪みが再発しにくい状態になって頂けます。
歪みが取り除かれると、筋肉の負担が軽くなり、坐骨神経痛の根本的な改善につながっていきます。

自律神経の調整

軽く触れる程度の刺激のみで、全ての施術を行います。
自律神経の働きが正常化し、安定していく治療です。
自律神経の働きが良くなれば、血液の流れも適切にコントロールされ、筋肉の疲れが取り除かれます。
腰やお尻の奥の方の筋肉が柔軟になることで、坐骨神経痛の症状が治まっていきます。

精神的ストレスを取り除く治療

気功と心理療法を組み合わせた、独自の施術方法です。
もちろん、洗脳のような怖い方法ではありませんので、ご安心ください。
精神的ストレスは自律神経の乱れ・血行不良につながります。
あなたの必要に応じて、この治療を組み合わせることで、坐骨神経痛の早期改善を期待して頂けます。