不眠・睡眠障害でお悩みのあなたへ

             「布団に入っても、目がさえてなかなか眠れない」

             「週に2、3日、なかなか寝付けない日がある」

             「夜中や早朝に目が覚めてしまう」

             「いつも悪夢を見ている気がする」

             「熟睡できていない。睡眠が浅い気がする」

「途中目が覚め、その後、なかななか眠れない」

「夜中に何度も目が覚めて、トイレに行きたくなる」

「朝起きた時にスッキリ感がなく、疲れがとれていない」

「いくら眠っても寝足りない」

「会議中や運転中などに、急に強い眠気に襲われる」

「日中の眠気が酷い。身体がだるい」

「睡眠導入剤(睡眠薬)は、できれば飲みたくないけど…」

日常生活に支障が出るほど、睡眠に関する悩みを抱えている状態を、

睡眠障害といいます。

人は、身体の無意識の働きやリズムによって眠りに入ります。

だから、眠れないからといって、眠ろうと「頑張る」ことはできません。

もしあなたが睡眠障害で悩まれているなら、「どうすれば良いのか…」と

途方に暮れていらっしゃるかもしれません。

また、「辛くて仕方がない」とまではならなくても、「何となく眠りが浅い」

「疲れがとれていない気がする」という睡眠の質の低下がある方は、

とても多いです。

睡眠障害の主な症状

◆不眠
眠りたいのに眠れない症状。寝つけない、途中で目が覚める、眠りが浅いなど、様々なパターンがあります。

◆睡眠時無呼吸症候群
睡眠中に、一時的に呼吸が止まり、眠りが浅くなったり、目が覚めてしまう症状。無呼吸の後に、大きないびきをかくのが特徴。

◆ナルコレプシー
日中に耐えられない眠気に襲われ、数分から数十分眠り込んでしまう症状。

不眠・睡眠障害の原因として、一般的に考えられていること



枕や布団などの寝具、騒音や気温などの環境のせい?

生活のリズムや習慣?

ストレスや悩み事、緊張がある?

「眠らなければ」という思いが強い?

年齢?

遺伝や体質?

枕を変えたり、色々試してみてもあまり効果がなく、根本的に良くならない。

そのようなお悩みを抱えながら生活をされている方は、とても多いと思います。

当院の見解

当院では、睡眠障害の原因は次の3つだと考えています。



一時的に眠れなかったりすることは、誰しもあることと思います。

しかし、長期間に渡って不眠が続いたりするなら、

その原因が必ずあると当院では考えます。

だからと言って、高価な枕や寝具を購入したりする必要はありません。

上記の原因を取り除いていくことで、睡眠障害は自然と改善されていきます。

本来の、何の気兼ねもなく眠れる状態に、戻って頂けます。

当院の治療方針

「夜はぐっすり眠れて、朝はパッと目が覚めて、疲れが残らなくなった」

自然とそのようになって頂くよう、治療いたします。

◆自律神経の調整
病院の検査で明確な身体的(器質的)異常が見つからないのに、

睡眠障害や不眠の症状が出てしまうのは、

自律神経の乱れがあるからだと考えられます。

自律神経は、体の働きやホルモンを調整して、

眠りの状態をコントロールしています。

当院では、「自律神経の働きを正常化する」施術で、

睡眠障害が根本から改善されるよう治療していきます。


◆精神的ストレスを取り除く治療

睡眠障害や不眠は、精神的ストレスが大きく関わっていることが

多い症状です。

ストレスがかかると、脳が緊張状態になって、睡眠を妨げます。

ストレスは、イライラや不安としてはっきり自覚しているものから、

無意識に抱えているかもしれないものまで、色々あります。

当院では、必要に応じて「精神的ストレスを取り除く」施術を

行います。

もちろん、痛みや危険などは一切ない施術方法なので、

ご安心ください。

ストレスを少なくすることで、睡眠の状態が改善される患者様が

多いです。


◆体の歪みを調整する治療

「睡眠障害に、体の歪みが関係あるの?」と意外に思われるかも

しれませんね。

でも実は、体の歪みは筋肉や内臓とともに、神経にも負担をかけて

しまいます。

歪んでバランスの悪い状態だと、自律神経が乱れ、

精神的ストレスを感じやすくなります。

実際、歪みを調整しただけでも、「よく眠れるようになった」と

仰る方が多くいらっしゃいます。