冷え性でお悩みのあなたへ

           「手足の先が冷えて辛い」

           「顔や上半身はほてっているのに、下半身は冷たい」

           「いつもお腹が冷えている感じがする」

           「夏場のエアコンの冷気が苦手」

           「体が冷たくて、やる気が起きない」

           「二の腕や太ももがしびれるように冷える」

「指先がかじかんで、霜焼け(しもやけ)が出来ることも」

「暖かい部屋に入ると、のぼせて顔が赤くなる。汗が止まらなくなることも」

「冷えから、腰痛、肩こり、神経痛、生理痛が起こる」

身体(手足の先、四肢、体全体)が温まらず、

冷えている感覚が辛くて悩みになっている症状を、冷え性と言います。

冷え性は、冷えた感覚と共に、冷えのぼせ、火照り、多汗などが

一緒に現れたり、肩こり、腰痛、生理痛、腹痛などの原因になることが

多い症状です。

もしあなたが、冷え性で悩んでいらっしゃるなら、冷えを改善するために、

運動をする、体を冷やすと言われている食品は避ける、

長めにお風呂に入るなど、色々取り組まれているかもしれません。

それでも冷え性が治らないなら、「どうすれば良いのか…」と、

あなたは途方に暮れていらっしゃるかもしれません。

冷え性の原因として、一般的に考えられていること



運動不足?

筋肉が少ない?

血行が悪い?

食生活のせい?

薄着が良くない? 温めた方が良い?

冷えるからと言って厚着するのが良くない?

元々の体質?

病院では、冷え性は病気とはみなされないことが多いようです。

根本的に治す方法がわからなくて、悩みを抱えながら生活をされている方は、

とても多いと思います。

当院の見解

当院では、冷え性の主な原因は、次の2つだと考えています。

①血行不良
血行が悪いと、身体の隅々まで血液が行き渡らず、冷えの原因になります。

特に手足や指先は、血液を送り出すポンプである心臓から離れているため、

冷えが起こりやすいと言えます。


②発熱量が少ない

筋肉や内臓の活動によって、熱が発生します。

その熱が、体温を保持しています。

筋肉や内臓の働きが低下していると、発熱量そのものが少なくなり、

冷めた血液は、末端にいけばいくほど冷えてしまいます。

手足の末端が冷えるのは、そのためです。


それでは、どうして血行不良、発熱量の低下が起こるのでしょうか?

その原因は、下記の3つだと当院では考えています。



気温が低い時に寒さを感じることは、誰しもあることです。

しかし、冷えが慢性的に続いたり、それが辛くて悩みになっている時は、

体調不良があると当院では考えます。

上記の原因を、整体の施術で取り除いていくことで、

冷え性は自然と改善されていきます。

あなた本来の、冷えに悩まなくても良い状態に、戻って頂けます。

当院の治療方針

「冬でも体がポカポカしている」

「カイロを使う必要がなくなった」

自然とそのようになって頂けるよう、治療いたします。

自律神経の調整

全身の血管を繋ぎ合わせると、10万キロ(地球2周半)にも及ぶと

言われています。

それら全ての血管(毛細血管)の太さや、血圧を必要に応じて

調節するのが、自律神経の役割です。

血液の流れは、人体の驚異的な仕組みによって、

常にコントロールされています。

当院では、「自律神経の働きを正常化する」施術で、

血行が適切にコントロールされるよう治療していきます。


精神的ストレスを取り除く治療

精神的ストレスは、自律神経の乱れ・血行不良に繋がります。

緊張した時に、手が冷たくなったり、胃が痛くなったりすることが

ありますね。

それは、ストレスから血行が阻害されている状態です。

ストレスが継続すると、身体が常にそういう状態に置かれることに

なります。

当院では、冷え性でお悩みの方に、必要に応じて「精神的ストレスを

取り除く」施術を行います。

もちろん、痛みや危険などは一切ない施術方法なので、

ご安心ください。

ストレスを少なくすることで、冷え性が改善される患者様も

多くいらっしゃいます。


体の歪みを調整する治療

「冷え性に、体の歪みが関係あるの?」と意外に思われるかも

しれませんね。

体の歪みは、筋肉や内臓に負担をかけ続けてしまいます。

すると、筋肉や内臓の働きが低下し、発熱量が少なくなって、
冷えの原因になります。

実際、歪みを調整しただけでも、「身体がポカポカしてきた!」と

仰る方が多くいらっしゃいます。