蓄膿症(ちくのう症)、副鼻腔炎でお悩みのあなたへ

「鼻水がノドの方に垂れて、気持ち悪い(後鼻漏)」
「胃が不調で、食欲も出ない」
「頭が重い。目や鼻の周りが痛い」
「ドロッとした黄色い鼻汁が出る」
「においや味がわからない」
「薬を飲んでも、鼻づまりが治らない」
「風邪がきっかけで、ひどい鼻づまり、鼻炎が慢性的に続いている」

私たちは鼻から空気を吸って、呼吸することが出来ますが、鼻から喉(のど)につながっている空洞を、鼻腔(びくう)といいます。
この鼻腔の周囲(額や頬あたり)には、「副鼻腔(ふくびくう)」と呼ばれる空洞があり、鼻腔と副鼻腔は小さな穴でつながっています。
何らかの原因で鼻腔に炎症が起こり(鼻炎)、それが副鼻腔にまで及んだ状態を、「副鼻腔炎」といいます。
そして、副鼻腔炎が治らずに慢性化し、鼻が詰まったり、膿(うみ)がたまったりする症状を「蓄膿症(ちくのう症)」といいます。

◆蓄膿症・副鼻腔炎の主な症状
・鼻づまりが酷くて息苦しい
・ドロッとした黄色い鼻汁が出る
・後鼻漏(こうびろう)
・頭痛、頭重
・臭覚、味覚障害
・胃の不調
・鼻の中に鼻茸(はなたけ。鼻ポリープ)が出来る

   鼻漏とは?

  
水が喉の方に流れて、喉の違和感、ネバネバとした気持ち悪さとともに、声が出にくい、咳か出るなどの症状があらわれます。

もしあなたが、蓄膿症を抱えていらっしゃるなら、症状が慢性的に続き、とても辛い思いをされているかもしれません。

蓄膿症・副鼻腔炎の原因は?

蓄膿症は、
・細菌の感染
・疲労や睡眠不足
・風邪などの病気
・アレルギー性鼻炎
などをきっかけとして、発症することが多いといわれています。
様々な要因で、体の抵抗力=免疫力が低下していることが、蓄膿症の最大の原因だと考えられます。
免疫とは、身体にとって害のある敵(細菌などの異物)を排除して、健康を保とうする働きです。
免疫がしっかり働いてれば、鼻から入った来た細菌などの敵を、免疫細胞(白血球など)がやっつけてくれます。
ところが、免疫力が低下していると、敵との戦いが長引いて炎症が広がり、なかなか決着がつきません。
すると、鼻腔、副鼻腔の粘膜が腫れて、慢性的にうみがたまってしまいます。
(うみは、白血球や細菌の死骸です)
つまり、蓄膿症を改善させるためには、低下した免疫力を、正常な状態に戻すことが、何より重要ということになります。

蓄膿症・副鼻腔炎についての当院の見解

蓄膿症の改善には、免疫力の向上が不可欠です。
でも、どうして免疫力が低下してしまうのでしょうか?
当院では、その原因は次の3つだと考えています。

自律神経の乱れ

自律神経は、脳から出て、体全体に張り巡らされている神経です。
脳からの指令を伝達し、内蔵や体の様々な働きをコントロールしています。
自律神経は、免疫の働きもコントロールしています。
自律神経が乱れると、免疫の働きが上手くいかなくなり、
蓄膿症や副鼻腔炎が起こりやすくなってしまいます。

体の歪み

体の歪みと蓄膿症。
あまり関係が内容に思われますよね。
しかし、体が歪んでいると、筋肉や内臓、そして神経にも負担をかけ、その働きがわるくなってしまいます。
その結果、自律神経が乱れ、免疫のコントロールが上手くいかなくなり、蓄膿症が起こってしまいます。

精神的ストレス

精神的ストレスがかかると、自律神経の働きが乱れてしまう原因になります。
ストレスや緊張によって、胃やお腹が痛くなったりすることがあります。
ストレスがかかると、自律神経の働きが悪くなり、胃腸の働きのコントロールが上手くいかなくなって、それが痛みとなって表れます。
それと同じように、ストレスがかかると、免疫のコントロールも上手くいかなくなって、蓄膿症などの症状が出てしまうのです。

当院の治療方針

上記の原因を、整体療法で取り除いていくことで、蓄膿症・副鼻腔炎の症状は自然と改善されていきます。
あなた本来の、蓄膿症を気にしなくても良い状態に、戻って頂けます。
「鼻づまりや鼻炎が起こらなくなった」
「喉の違和感がなくなった。体調が良くなった気がする」
自然とそのようになって頂けるよう、治療いたします。

自律神経の調整

軽く触れる程度の刺激のみで、全ての施術を います。
自律神経の働きが正常化し、安定していく治療です。
自律神経の働きが良くなれば、免疫の働きも適切に
コントロールされ、鼻炎が慢性化することもなくなります。
蓄膿症の改善はもちろん、健康で、心身共に調子良く過ごして頂けるようになるための治療です。

体の歪みを治す治療

当院の歪み治療は、熱を測るのに額に手をあてるような、軽く触れる程度の力のみで行います。
患者さまのお体をひねったり、強く押したりすることは一切ございません。
無理に矯正するのではなく、自然とバランスが整うように導くことで、歪みが再発しにくい状態になって頂けます。
歪みが取り除かれると、身体の器官や神経にかかっていた負担が取り除かれ、蓄膿症の根本的な改善につながっていきます。

精神的ストレスを取り除く治療

気功と心理療法を組み合わせた、独自の施術方法です。
もちろん、洗脳のような怖い方法ではありませんので、ご安心ください。
精神的ストレスは、自律神経の乱れ・体調不良につながります。
「ストレスは万病の元」と、よく言われます。
あなたの必要に応じて、この治療を組み合わせることで、蓄膿症の根本的な改善を期待して頂けます。