アトピー性皮膚炎とは?

当院には、肩こりや腰痛などの症状だけでなく、アレルギー症状でお悩みの方が来院されています。
アトピー性皮膚炎は、多くは乳幼児期に発症すると言われていますが、年齢を問わず発症する可能性があるようです。
皮膚に強いかゆみ、赤い湿疹、炎症、角質のはがれ、皮膚が厚くなるなどの症状が生じます。
炎症は頭や顔、首から始まることが多く、肘や膝の関節の内側など手足や身体全体に広がることもあります。
「アトピー」とは、「場所が不特定」 という意味のギリシャ語が由来です。

原因として、一般的に考えられているのは?

        

花粉、ハウスダスト、動物の毛などのアレルギー物質
アレルゲンのせい?
食べ物が悪い?
生活習慣?
紫外線?
体質? 遺伝?

アトピー性皮膚炎の炎症は、アレルギー反応により起こります。
私たちの体には、外敵(ウィルスなど)をやっつけるための防衛機能=免疫があります。
風邪を引いた時、体温が上がったり、鼻水や咳が出たりするのは、免疫の働きです。
皮膚の炎症も、元々は身体が外敵と戦うための場を作り出す免疫の働きなのです。
アレルギーは、その免疫が必要以上に発揮され、炎症などが続いてしまう症状です。
病院では、アトピー性皮膚炎を改善するために、下記のように指導されることが多いようです。

・アレルゲンの除去
・生活習慣の改善
・皮膚の清潔を保つ
・保湿のスキンケア
・炎症・痒みに対してステロイド薬、抗ヒスタミン薬を投与

当院の治療方針

アトピー性皮膚炎は、身体の免疫の働きが過剰になっていることが原因です。
だから、免疫が正常に戻れば、症状は消失します。
当院では、対症療法ではなく、下記の三つの治療方法で根本的な改善を目指します。

①自律神経の治療
 免疫の働きは、自律神経がコントロールしています。
 アレルギーは、自律神経の乱れから起こります。
 自律神経の働きを正常化することで、アトピー性皮膚炎の根本的な改善を期待して頂けます。

②身体の歪みを治す治療
体が歪んでいると筋肉、内蔵、神経にも負担がかかり、様々な体調不良の原因となります。
アトピー性皮膚炎に関連すると考えられている副腎や胸腺にも負担がかかることが考えられます。
無理に矯正するのではなく、身体全体のバランスが自然と良くなるよう調整します。

③ストレスを取り除く治療
ストレスとアトピーは、深い関係があると当院では考えています。
ストレスをケアすることが、アトピー性皮膚炎の改善につながります。