胃の不調の原因は?

当院には、痛みやコリの症状だけではなく、
下記のような胃腸の不調でお悩みの方も多数来院されています。

・胃もたれ、胃痛
・胸やけ、吐き気
・胃酸が上がってくる
・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群
・腹痛、お腹の張り、違和感
・便秘、下痢
・食欲不振

そして、このような胃腸の不調でお悩みの方は、首痛、肩こり、腰痛などの 痛みの症状、精神的ストレスも同時に抱えている場合が多いです。
筋肉の痛み、内蔵の不調など、慢性的な症状は同じ原因から生じると答えています。
だから、併発することが多いのですね。
その原因というのは、次の3つです。

◆身体の歪みを整える治療
身体が歪んでバランスが悪い状態だと、筋肉だけでなく、内蔵にも負担をかけ、調子が悪くなってしまいます。

◆血行不良(自律神経の働きを整える治療)
血行が悪いと、筋肉に十分な酸素・栄養が行き渡らず、疲れがたまって、 痛みやコリの原因になります。
そして、胃腸は筋肉の塊のような器官で、やはり血液から酸素・栄養を受け取って働いています。
血行が悪いと、胃腸の調子も悪くなります。
その血行をコントロールしているのが、自律神経です。
つまり、自律神経の乱れが血行不良を引き起こし、胃腸の調子が悪くなる、ということです。

◆精神的ストレスを取り除く治療
ストレスから胃が痛くなったりすることがあります。
ストレスがかかると自律神経の働きが乱れ、血行不良や内臓不調が起こりやすくなります。
当院の治療は、この3つの原因を根本的に解消することを目的としております。